最近は、主婦&子育てブログ!ベビーの面白エピソード、地元谷根千探検日記、親子ヨガ流行りモノ、教育問題、おすすめの美術展など、思いついたことなんでも書きます!みんなついてきてね!
プロフィール

バルビゾン

Author:バルビゾン
O型★チョー楽天家の大阪人
マタニティ&育児、活動ブログ公開中♪
☆いつまでも、冒険する人でいたい☆


(更新:11年6月)
★しーかの歴史
大阪生まれ大阪育ち
中学生時代から、箕面市リーダークラブで子ども会の青年リーダーとして活動。
 また、NPO法人北摂こども文化協会の職員として3年間、池田市立児童文化センターの運営などに携わり、
 幼児や子どもの遊びに携わる。

プライベートでは・・・
08年1月に出会った人と
09年3月に結婚 大阪府池田市に住む
09年6月24日 女の子出産
11年4月東京転勤!
とおもいきや…
地震の影響で、箕面の実家に一時滞在。
11年5月東京都文京区へやっと引越!
女の子のママ&主婦(?)生活送っております

★近代史
大阪では、2010年池田市にて
Goonatsというおやこヨガ団体を立ち上げました。
キッズヨガ、親子ヨガ講師を
未熟ながらやりつつ、
リトミックの先生補助もやってました。
ベビーヒーリングタッチという
ベビーマッサージの講座も開講。
goonatsおやこよが→
http://goonats.blog113.fc2.com/
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4941692
池田市姫室リトミック→
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4362038

★性格&嗜好
めちゃくちゃ好奇心旺盛な性格です

ヨガ→キッズとマタニティヨガのTTC受けたが、
   普通のTTは受けたことない。日々勉強。
   家ヨガは、太陽礼拝程度
美術館めぐり→印象派、バルビゾン派が好きです!コロー大好きです!
       日本画も勉強しなくちゃ!狩野さんの力強さは大好き!
海外安宿の旅→大好きです!!
しかし、ベビーがいるとなかなかいけないが…
10年4月、10ヶ月の赤ちゃん連れでエジプト個人旅行!
       次はフランス行きたいな・・・
ナチュラル生活→布おむつ・布ナプキン・月経血コントロール。
 ナチュラルクリーニングなど、エコというか昭和な日本人の生活スタイルに興味アリ
子どもの遊び研究家になりたい→今は幼児の発達とか勉強したい
子どもの自由な発想大好き!公園遊び大好き!

昔は、占い師もやったし、北海道人にもなったし、
アンパンマンのおねえさんもやってた・・・なんてね・・・
一人多民族人みたいな私をどうぞよろしく。
好奇心たっぷりに…フォンテーヌブローの森へようこそ☆

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ちーの成長

ちーの成長(~1歳)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
25年2月2日0:22男の子が、大阪府箕面の自宅で誕生しました。

もう既に1ヶ月以上経ってますが、
忘れないうちに、自宅出産の経験をブログにアップしておこう。

自宅出産を経験し、1番感じたことは、
お産は人間の自然な力で出来るということ。

特別な、医療設備や技術、薬に頼らずとも、
本来主役である赤ちゃんの力とお母さんの力、
それを助産する助産師さんの技と智恵、
励ます家族によって、
自宅の一室という、ごく普通の場所で赤ちゃんが生まれ出てこれるんだということ。
それほど、お産というものはナチュラルだということです。
今から機会がある人は特に、お産の1つの選択肢として知っておくというだけでなく、
自分が行うお産ってどういうものなのかを知る上で参考になるんじゃないかなと思う。

自宅出産のイメージ。
「産気づいたら、たくさんお湯を沸かしてっ」は、
湯沸かし器のない、かなり昔のことみたい。
準備するのは、
捨ててもよいバスタオル、フェイスタオル2枚ずつと、大きめのレジャーシート1枚だけです。
あと、冬は、暖房で部屋を汗かくくらいに温めておくのと、
赤ちゃんの服や寝床を温める電気アンカか湯たんぽ。
その他は、病院での出産、自宅での育児と同じく、
赤ちゃんの産着やお母さんのパジャマや産褥パンツとかです。

場所は、6畳の部屋。
布団の上にレジャーシートを敷き、
古タオルかシーツを敷きました。
陣痛がきつくなってからは横向きで寝てましたが、
いきむ段階になったら、仰向きで膝を立てて、開いて生みました。
足元に2人助産師さんがいて、
左手に旦那さま、右手で母を掴みながら。

経過は
○22:45睡眠中、陣痛開始
10分間隔
○23:15助産師さんに電話
○23:20トイレで少し破水し、
陣痛がピークくらいになったので、這うように部屋に戻る。
○いきまないように、意識してゆっくり呼吸するようにしながら、助産師さんの到着を待つ。
母は、赤ちゃんが出てこないように押さえてた。
○23:45助産師さん到着。
○準備が整い次第、いきみ始める
陣痛、赤ちゃんのリズムに合わせて、いきみ、
徐々に進めていく。
○0:22赤ちゃん誕生。

うーん。スムースなお産だなぁ。
1人目は、10時間半かかったので。(だいたい初産の平均時間です)

上の子(3歳7ヶ月女子)ちーは、どうしてたかというと、
一緒に寝ていたので、
陣痛が始まったら、寝たまま別室へ移動。
おじいちゃんと居て、
赤ちゃんが出て来てから、「生まれたよ」と起こしてもらった。
睡眠が足りていて、ハイテンションでいっぱい一緒に写真とったりした。

助産師さんが
臍帯血採ったり、
赤ちゃんや私の胎盤や縫合処理して、
母子の経過見ながら、おしゃべりして、
終わって帰ったのは、3時くらいだったかな。
帰られたら、
すぐに赤ちゃんとの普通の生活が始まりました。
1日目、2日目は、助産師さんが通って来て、
産湯いれたり、母子の様子を見てくれます。
1週間検診、1ヶ月検診は助産院に行きました。

産後、助産師さんと話していて分かったのは、
母と助産師さんが同い年だということと、
妹が生まれたときに、そこの婦長をやってらしたということ。
私も母も、助産師さんとは、過去に会っているんです。お互い分かってはいませんでしたが。
何かの縁ですね。

旦那さまは、5時半に出発して、6時すぎの新幹線で東京に帰りました。

ざっと、こんな経験です。
時間があったら、
もっと詳しく書き残しておこうかな。

両腕、両足、それぞれに人がいて、
父にちーを見ていてもらい、
ほんとにみんなの助けを借りて出来たお産だと感じ
出産直後から感謝の気持ちでいっぱいでした。
ひらり助産院の助産師さん、
家族のみんな、ありがとう。
赤ちゃん、
頑張って出てきてくれて、
ありがとう。
みなさんの力を忘れず、
赤ちゃんには「ココに生まれてきて良かった」と感じてもらえるように、
母として努力したいと思います。
スポンサーサイト
<< 2人の子育て // HOME // 3歳7ヶ月 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ckablog.blog107.fc2.com/tb.php/1788-409923fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //